@ 一般道走行時の注意事項。
   1,発進時、追い越し時、等の加速の遅れ。
   2,制動時の制動停止距離の延長。
   3,車線変更時の後方確認。
   4,踏み切り、交差点等でのトレーラーのいのこり
   5,交差点等、曲がり角でのトレーラーでの巻き込み
   6,全幅の広いトレーラーをけん引している場合は走行車線をはみ出さないこと。
   7,トレーラーを連結してバックをする時は、あらかじめ広い場所で十分に練習を
     するようにして下さい。
     (後退時は、なるべくゆっくりした速度で、繊細なハンドル操作が必要とされます。)

 A 高速道路走行時の注意事項。
   1,本線走行車線に進入する時は、後ろにトレーラーをけん引している事を頭に入れて
    後方確認をしながら十分に加速をして下さい。
   2,高速道路での最高速度は、80Km/hとなっておりますのでご注意下さい。
    その他、最高速度が指示されている場合はその速度に従ってください。
   3,車両総重量が750Kg以下のトレーラーをけん引して高速道路を走行する場合は、
    一般車と同様に走行車線、追越し車線とも走行することが出来ます。
   4,車両総重量が750Kgを超えるトレーラーをけん引して高速道路を走行する場合は、
    走行車線のみ走行が出来ます。
   5,高速で、ブレーキを踏んだときには思ったよりも制動停止距離が伸びますので
     いつもよりも車間距離を長くとってください。
   6,高速料金に付きましては、けん引車が小型(5又は7ナンバー)であれば、
    トレーラーを引くことにより普通の料金が、
    けん引車が普通車(3ナンバー)であれば大型料金が必要です。
  
以上の事柄を注意して走行してください。
ウエスト トレーラー

走行時の注意事項



























トップへ
トップへ
戻る
戻る