@ジェットスキーを積載するトレーラーに関してはジェットを積んだ状態でトレーラーを水平な
   状態にし、カプラー荷重(ヒッチボール荷重)が 30 kg〜70kgになるように積載物を前後に調整
   して下さい。
   
 A ジェットボート及びモーターボートを積載するこれらに関してはその大きさ重量によって多少
   条件は変わりますが、カプラー過重は100kg迄になるように積載物を前後させて調整を行って
   ください。ボートトレーラーの場合トレーラー全長の一割まで後端からはみ出して積載するこ
   とができます全長4mのトレーラーであれば最大40cmはみ出しても合法的な積載方法と
   いえます。

 B 自動車トレーラーその他、貨物トレーラーの積載については、カプラー荷重は
   30Kg〜70Kgになるように調整して下さい。

 C 自動車を積載するときは最徐行でトレーラ−に乗り上げるように歩み板を渡ってください。

 D 軽自動車のトレーラーのカプラー荷重は30Kg〜50Kgまでにして下さい

   注、8ナンバー(特種)のトレーラーには指定された積載物以外は積載しないで下さい。
      8ナンバー(特種)、4ナンバー(貨物)いずれのトレーラーも最大積載量を越えて荷物
      を積むことは法律で禁止されております。
ウエスト トレーラー

積載物の注意事項





















トップへ
トップへ
戻る
戻る